三峯神社
 
お仮屋 お仮屋
三峯神社の御眷属、大口真神(お使い神、お犬さま)のお宮です。
御眷属は深い山中に身をひそめられている為にここを仮のお宮としてお祭りを行うので「お仮屋」と呼んでいます。
今から1900年ほど昔、第十二代景行天皇の皇子日本武尊が東夷御平定の帰り道に山梨県から奥秩父の山々を越えて当山に登り、初めて三峯神社を祀られた時、道案内をつとめたのが山犬でその忠実さと勇猛さによって三峯神社の御眷属に定められたと伝えています。
お犬さまはその霊力で三峯信仰の中心となり、山畑を荒らす害獣熊・猪・兎等を追い払い、家々を守護しては火防・盗賊除・諸難除の神と崇められています。
境内案内の


〒369-1902 埼玉県秩父市三峰298-1
TEL 0494-55-0241

Copyright 2004 三峯神社. All Rights Reserved.